沿革

昭和47年2月 資本金100万円で夏原工業株式会社を設立する。
大日本スクリーン製造(株)の協力企業として操業を開始する。
昭和53年9月 大規模廃水処理施設の総合維持管理を大日本スクリーン製造(株)より委託され、本格的に公害防止に取り組む。
昭和61年6月 資本金を1,000万円に増資する。
昭和62年4月 彦根市高宮町に彦根事業所第1工場が完成する。
敷地面積2,800m2 工場面積700m2
昭和62年11月 濃度(水質、大気)環境計量証明事業所および作業環境測定機関に登録される。
昭和62年12月 建築物飲料水水質検査業者に登録される。
昭和63年1月 環境サービス事業部設立を機に本格的に環境保全分野に参入する。
昭和63年2月 半導体製造装置等の精密機器テクニカルサービスを開始する。
昭和63年8月 大日本スクリーン製造(株)彦根事業所の超純水供給設備の設計、施工に着手、エンジニアリング部門に本格的に参入する。
平成3年3月 音圧レベル環境計量証明事業所に登録される。
平成4年9月 毒物・劇物一般販売業者に登録される。
平成6年3月 振動加速度レベル環境計量事業所に登録される。
平成6年3月 精密機器テクニカルサービスのノウハウを生かし、自動化・省力化機器の設計、製作を開始する。
平成6年4月 物流サービス部門を設立する。
平成7年6月 資本金を2,000万円に増資する。
平成8年9月 彦根事業所内に第2工場が完成する。
敷地面積4,000m2 工場面積1,000m2 クリーンルーム仕様
平成11年2月 医療器具販売業者に登録され介護用品等の販売を始める。
平成12年4月 厚生大臣より水道水検査機関に認定される。
平成12年5月 一般労働者派遣事業所に登録される。
平成13年3月 ISO14001認証を取得する。
平成13年10月 有料職業紹介事業の許可を受ける。北陸営業所を開設する。
平成15年5月 北陸営業所のISO14001認証を取得する。
平成15年8月 環境大臣土壌汚染指定調査機関に指定される。
平成16年4月 厚生労働大臣水質検査機関に登録される。
平成16年9月 彦根事業所内に第3工場が完成する。
敷地面積4,000m2 工場面積1,200m2 クリーンルーム仕様
平成17年6月 第1回無担保社債を発行する。
平成17年8月 石綿含有建材中の石綿含有率等の分析機関に特定される。
平成17年11月 守山オフィスを開設する。
平成18年5月 第2回無担保社債を発行する。
平成19年6月 第3回無担保社債を発行する。
平成20年1月 ISO/IEC17025試験所認定(JCLA、範囲限定:フレームレス原子吸光)
平成21年10月 太陽光発電システム販売設置事業を開始。
平成22年10月 愛知郡愛荘町に愛荘工場が完成する。
敷地面積2,800m2 工場面積900m2 クリーンルーム♯10,000
平成24年3月 ISO/IEC17025試験所拡大認定(ASNITE/JCLA、範囲限定:ICP-MS)
平成25年3月 北陸営業所 移転
平成26年1月 ISO/IEC17025試験所認定、ASNITE/JCLA から ASNITE に移行
平成26年3月 JNLA 登録事業者(浸出性能試験)に登録される。